スポンサーリンク
あ行

第四百四十三回 笑と笑と・【一掃】

すっかり払いのけること。一度に払い去ること。「おうちで手巻寿司。楽しいっちゃ楽しいんだけど、後半になってくると、巻きたいものより翌日残ったら困るものから巻いて行かなきゃいけないのが大人の辛いところよね」「わかるわー、純粋な子供に戻って何も考...
あ行

第四百四十二回 笑と笑と・【炒る】

鍋などに入れて火であぶる。「…あれ、ど忘れしちゃった。ごめん、“いためる” ってどういう漢字だっけ?」「炒める?えっと…火に少ない、じゃないかな」「あぁそうか、火ィ書いて、少な………え、少ないの?最初からとろ火?」「wまぁ火加減はこっちで調...
か行

第四百四十一回 笑と笑と・【享楽】

思いのままに快楽を味わうこと。「昨日嫁にさー、そんな享楽的な生き方でどうする、もっと後先考えて行動しろって説教されちゃって…」「何wどうした?ギャンブルでもしちゃった?」「いや、味噌汁の話」「味噌汁!?」「夜中に小腹空いちゃってさぁ、何かな...
か行

第四百四十回 笑と笑と・【機嫌】

表情や態度にあらわれる気分のよしあし。「こないだ嫁怒らせちゃって、お詫びにスイーツ買って帰ったんだよ、コンビニで」「うんうん、ご機嫌取りってやつだな」「嫁も “あら…” みたいな反応して、“全く…どういう風の吹き流し?” ってニヤニヤしてて...
さ行

第四百三十九回 笑と笑と・【インドア派】

室内・屋内での行動を好む者。「フッ…」「え?何?何かおかしい?」「いや、嫁ちゃんインドア派じゃん、それなのにOUTDOORのTシャツ堂々と着てるの面白いなと思って…」「…ほんならおどれはTHE NORTH FACEのTシャツ着とったら北に顔...
あ行

第四百三十八回 笑と笑と・【あたふた】

慌て騒ぐさま。「最近財布買い換えたじゃん」「あー、あの緑のやつね」「そう。がま口タイプから、ファスナー式で外に小銭入れついてるやつに変えたから、まだ慣れなくてレジでちょっとあたふたしちゃうのよ」「まぁ、財布あるあるよね」「それでうまくお釣り...
ら行

第四百三十七回 笑と笑と・【レシピ】

秘訣(ひけつ)。秘伝。「どこまで行っても終わりがない。終わりなき…家事。人生において終わらないのは旅とともに家事なのかもしれない」「ミスチル入ってるね」「閉ざされたドアの向こうは極力見たくないし」「まぁ、そっ閉じしちゃうよね」「というわけで...
あ行

第四百三十六回 笑と笑と・【癒し】

肉体の疲れ、精神の悩み、苦しみを何かに頼って解消したりやわらげたりすること。「ビニール袋のカシャカシャ音で赤ちゃんが安らいで眠りに落ちるように、この音にも何らかのヒーリング効果があるように思えてならない」「癒されるよねー。ポーチの中でひしめ...
た行

第四百三十五回 笑と笑と・【徒労】

むだな骨折り。無益な徒労。「わざわざ都心のコスメショップまで出かけて化粧品買ってきたのに、すぐ近くのドラッグストアに売っていたときの徒労感ったら半端ないよね」「品揃えを完全に見くびっていたことをお詫びしたい…」【談】特にヘアケア剤にありがち...
さ行

第四百三十四回 笑と笑と・【赤面】

恥じて顔を赤らめること。「美容院で “この後何か予定あります?” って聞かれると、特に何もなくてもつい “あります!” と答えてしまうのは何故なんだろうか…」「ただ単に “整髪剤つけても良いかどうか” って意味だって知った時は赤面したよね」...
スポンサーリンク